美白には肌の黒ずみケアが欠かせません。

美白化粧水には、肌の黒ずみの原因であるシミ予防とそばかす予防の効果が入っているものを選びましょう。また、美白成分は肌の乾燥を引き起こしやすいので、高保湿成分配合で肌に優しいものが望ましいです。シミやそばかすは、肌の黒ずみの原因のメラニンが肌に定着することでおります。

そのメラニンの肌への定着を防ぐのが、美白化粧水に含まれる美白有効成分です。美白有効成分には、アルブチンやビタミンC誘導体が挙げられます。また、肌の黒ずみを防ぎお肌のキメを整えて美しい肌に導くのには、保湿成分が欠かせません。その保湿成分、トラネキサム酸やプラセンタエキスが含まれた化粧水を選びましょう。

美白は、紫外線が強くなる夏場はもちろん欠かせません。なのですが、夏場ほど強くなくても紫外線は四季をとわず存在しています。夏場だけ日焼け止めクリームを塗るのでは効果が半減です。

また、美白化粧水に含まれるビタミンCは、紫外線にあたると肌の黒ずみを招き、美白には逆に悪影響をあたえてしまいます。その為、美白化粧水を付けた後は、日焼け止めクリームなどを塗るのが効果的です。ただ、最近の基礎化粧品の多く(乳液、下地クリームや、ファンデーション)には、日焼け止め成分が入っているので、わざわざ日焼け止めクリームを塗らなくても問題はありません。

ただ、少し暖かくなると胸元の開いた服を着るようになりますので、その際は首や首の後ろ、胸元に日焼け止めクリームを塗るのが望ましいです。また、紫外線は目からの吸収が意外と多いので、サングラスや紫外線カットの眼鏡などをかけるのも、肌の黒ずみを防ぐには効果的です。美白には総合アプローチが効果的なのです。

また、美白には一時的なケアではなく、継続的に続けることが大切です。そのため、続けやすい価格の美白化粧水を選んだり、日常のルーティーンに美白ケアを組み込んでしまうことが大切です。

美白化粧水選びも、自分の肌質にあったものを1本で補えるのが望ましいのですが、お値段的に使い続けるのが難しい場合は、保湿だけ別のクリームなどで補うなど、続けられる工夫も大切です。また、夏場はさっぱり、冬場はしっとりの化粧水に使い分けるなど、肌の状態を良く見て心地良く使い続けると良いでしょう。