化粧水で美白を目指そう

美白=美しい白い肌は、多くの女性の憧れですよね。美白の大敵、日焼けによるシミやそばかすを防ぐには、美白化粧水でおケアが欠かせません。その美白に欠かせない美白化粧水ですが、どのように選べば良いのでしょうか?

美白化粧水には、「シミ予防」と「そばかす予防」の効果が入っているものを選びましょう。それは、メラニン(紫外線に反応して黒くなるシミやそばかすの原因)が、肌に定着するのを防ぐ効果があることを指します。良く混合して考えられがちですが、美白化粧水には本来の肌の色以上に白くする効果や、シミをすぐに消す効果は期待できません。

美白化粧水には、シミを消す効果ではなく、防ぐ効果を期待してください。美白化粧水を使いながら紫外線対策や生活習慣にも気を付けることで、色白のお肌を保つことができます。美は一日にしてならずですね。

美白化粧水=美白有効成分配合の化粧水となりますので、その有効成分が何かと配合量に注目して化粧水を選びましょう。美白有効成分とは、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぐ成分です。アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体などが主な成分です。

その中でもビタミンC誘導体は、お肌にハリを与えてくます。お肌にハリがあると、たるんだお肌よりもシミやそばかすが目立たなくなります。お肌にハリや潤いがあることは、美白にとってお手も大切な要素なので、ビタミンC誘導体はとても優秀なのです。

また、美白化粧水もお肌のキメを整え潤いを与える化粧水なので、自分の肌に合ったものを選ぶ必要があります。肌質が敏感肌や乾燥肌の方は、保湿成分配合のセラミドやヒアルロン酸などを多く含んだしっとりタイプがお薦めです。

美白成分は肌の乾燥を引き起こしやすいので、しっとり保湿タイプだと、通常のものより少しお値段が張ることがあります。もちろん効果が高く、自分の肌質にあったものを1本で補えるのが望ましいのですが、どうしてもお値段的に難しい場合は、思い切って保湿だけ別の化粧水や、クリームなどで補うことも可能です。

なによりも美は一日にしてならずなので、続けることが大切です。