美白ケアにはビタミンCを取り紫外線を完全シャットアウトしましょう

美白ケアと言えば、直ぐに思い浮かぶのはビタミンCですね。実際ビタミンCはお肌に最も良い成分です。塗るだけでは吸収が少ないので、食生活でも出来るだけ摂りたいものです。

又、お肌に悪いものと言えば、何を置いても紫外線です。お肌を老化させ、メラニン色素に働きかけてシミやしわ、たるみの原因となります。太陽は1年中照っていますから、紫外線の強い時期だけのケアでは美白ケアにはなりません。

ビタミンCの効能

ビタミンCは・抗酸化力が強い(アンチエイジング)・コラーゲンの生成を助ける・免疫力を向上させるといった働きがあります。これらが肌、特に美白に良いのはもちろんですね。

ビタミンCは人間の体内出は作出だせないものですから、意識して摂る必要があります。ただ、ビタミンC自体は熱に弱く、空気に触れるとすぐ酸化が始まります。とても弱いので、出来るだけ新鮮な果物や野菜、熱に強いビタミンCを含むじゃがいもなどで摂るようにしましょう。

ビタミンCは多く摂取しても、余分な分は体外へ排出されるので心配ありません。ただ、一度に大量に摂取した場合はお腹が緩くなったり下痢をする事があります。因みにビタミンCの1日の摂取量の目安は2,000mgとされています。これを目安に、あまり大量に摂取しないように気を付けましょう。

紫外線

紫外線ほど美白ケアにとって厄介なものはありません。それどころか、現在ではオゾンホールの影響もあり、紫外線は皮膚がんを引き起こすかなり危険な物と言えます。紫外線は日傘や帽子、日焼け止めを塗るなどして皮膚に太陽光が直接当たらないようにするしかありません。

更に先述の通り、太陽は1年中照っていますから、冬でも紫外線対策は大切です。つまり、今は1年中日焼け止めを塗らないといけない時代なのです。それから、ハワイ等紫外線が日本より直接強く当たる土地へ行った時は、曇天でも日焼けをしますから、雨の日でも日焼け止めを塗る位の美白ケアが必要です。各土地での紫外線対策も頭に入れておくと良いですね。

なお、デリケートゾーンの黒ずみ解消には美白効果のある保湿クリームがおすすめです。デリケートゾーン専用のクリームも多く販売されています。